アミノ酸サプリを生活に取り入れて健康を維持しよう

目を保護してくれる商品

成分で比較をする

フルーツ

目にいいとされるブルーベリーですが、それを上回るのがビルベリーです。ビルベリーは、ブルーベリーよりも二倍以上のアントシアニンが含まれています。また、ビルベリーは主にスウェーデンやフィンランドで栽培されており、出回っているもののほとんどが北欧産となっています。ブルーベリーと比べて濃い紫色をしていて、身も小さくなっています。そして、ビルベリーにはルテインが豊富に含まれているため、サプリにして販売されていることが多いです。最近は、ブルーベリーに変わる存在で注目を浴びるようになっています。それ以外にも、食物繊維が豊富に含まれていて、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方が含まれています。特に、ダイエット効果も期待できます。そして、ビタミンEやビタミンCが含まれていて、抗酸化作用もあります。そして、サプリを選ぶときにはできるだけ多くの成分が配合されている製品を選ぶことが大切です。選ぶ基本としては、ルテインの量を比較します。しかし、それ以外にもルテインやクロセチンなどの成分が、どのくらい含まれているのかという点も重要なポイントです。ちなみに、アントシアニンを一日に摂取することが望ましい量としては最低でも40ミリグラム程度となっています。そして、出来れば一回の摂取で90ミリグラム以上含まれるサプリを選ぶことで、効果を実感しやすくなります。もちろん、抗酸化作用のほか、紫外線やブルーライトの刺激から目を守ることもできます。そのため、より効果をアップさせるためにルテインなどが含まれるサプリを選ぶことも必要です。

適した摂取方法

フルーツ

ブルーベリーとは夏に紫色の果実を実らせる植物で、その果実は甘酸っぱくて美味しい事でも知られています。そのため果実をそのまま味わったり、ジャム等に加工して長い期間に渡って楽しんだりします。しかしベリーはブルーベリー以外にも数多く存在しており、その中の一つにビルベリーと呼ばれるベリーも有名になってきています。ビルベリーとは北欧に多く原生しているベリーの事で、ブルーベリーと同様にツツジ科の植物になります。それ故によくブルーベリーの品種の一つだと言われていますが、厳密にはブルーベリーの原種になるので少し違います。ビルベリーの果実はブルーベリーと比べると粒が小さく、ブルーベリーのように果実が複数固まって実る事はないです。またブルーベリーは比較的栽培が容易なのに対して、ビルベリーは人工的に栽培するのが困難だと言われています。そのため多くが野生種となっており、収穫もこの野生種を探して収穫するというケースが多くなります。ちなみにビルベリーが持つ栄養についてですが、ブルーベリーと同様にアントシアニンが豊富です。アントシアニンはポリフェノールの一種として有名で、目に良い効果がある栄養としても知られています。ただしビルベリーの果実はブルーベリーの果実よりも柔らかく、また水気が多いため輸送が難しいという特徴があります。それ故に生の果実を食するのは難しい場合が多く、サプリで摂取するのが一般的となっています。このサプリに関しては複数のメーカーが販売しているので、お店や通信販売で購入する事が可能です。ただし実際にサプリの購入を希望する場合には複数のメーカーを比べて、信頼出来る所からサプリを購入するのが望ましいと言えます。

濃度が異なります

フルーツ

目の疲れを感じている人はサプリで補うという方法があります。その中で、ビルベリーとブルーベリーが使われている製品になります。違いとしては、一般的にブルーベリーに比べてビルベリーは4倍から5倍の濃度のアントシアニンが含まれています。アントシアニンが含まれている量としては、ビルベリー100グラム中に400ミリグラム前後入っています。それに対してブルーベリーは90グラム程度となっています。もともと原産国も違い、ブルーベリーは日本でも数種類ありますが、ビルベリーに関してはフィンランドなどの北欧産になります。そのため、ビルベリーは紫外線から自らを守るために抗酸化成分が強くなっています。そのため、アントシアニンが多く含まれるのもその理由からです。ちなみに、ブルーベリーのサプリメントを摂取していても、効果があまり感じられなかったという人もいますが、それはアントシアニンが足りなかった可能性があります。その点、ビルベリーのサプリは4倍のアントシアニンを含んでいるため以前よりも効果を感じられるようになっています。ちなみに、ブルーベリーは生で食べることができますが、ビルベリーに関しては酸味が強く食べにくいためサプリで効率よく摂取するほうがメリットがあります。そして、ヨーロッパではアントシアニンを医薬品の成分として認定しているため、眼精疲労はもちろんのこと白内障や緑内障などの眼病予防になります。そのため、サプリを選ぶときには、できるだけ高濃度で抽出されている製品を選ぶことが大切です。

痛風の発作を防ぐには

シニア男性

骨折したかのような激しい痛みに襲われることになる痛風の発作ですが、これを防ぐには尿酸値を下げる必要があります。田七人参のサプリにはサポニンとデンシチンという成分が含まれており、サポニンは利尿効果により尿酸値を下げてデンシチンには鎮痛作用があります。また、サポニンは生活習慣病を予防することも出来ます。

もっと読む

視界をくっきりさせるには

女の人

視界がくっきりしない、ぼんやりしてしまっているという場合にはビルベリーのサプリを摂取する事をおすすめします。ビルベリーに含まれているルテインやアントシアニンが、ぼんやりした視界になってしまうのを防止してくれたり、くっきりした視界にしてくれる効果を発揮してくれます。

もっと読む

目を保護してくれる商品

フルーツ

ビルベリーには多くのアントシアニンが含まれているため、ブルーベリーよりも高い効果を期待することができます。そのため、目の疲労や病気を抱えている方はビルベリーサプリを活用してみましょう。

もっと読む